Blog

スタッフブログ

「シラス壁の家」見学会レポ

2022年6月10日

がふや9

こんにちは、ライターの画布屋です。
今回は、きゅあホームの「セルロース断熱の家」の完成見学会レポです。
外壁は、建築段階でご紹介した「シラスそとん壁」。しかもひと手間かかる「かき落とし」仕上げにしたことでランダムな凸凹感があり、趣のある個性的な外観になっていました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
では、さっそく。
まずは幅広のステップを上がると全面に張られた深い軒が目の前に。
アートギャラリーに向かってるかのような気分です。

見学会ではまだ外構・ガーデン部分が出来上がっていませんでしたが、植栽が施され、更にはそれらが育った時には美しい外観となる事でしょう。
イメージだけでもご紹介しておきますね。こんな感じかと。

玄関に入りましょうか。ん~やっぱり広い。
右手下方、ガラス越しにグリーンが見えるようになっています。
かなり大きなサイズで抜け感があります。
前方にちらりと洗面所が見えます。

洗面所というくくりでいいのかしら。
もはやパウダールームって感じではないでしょうか。

先に進むと左手に和室。右手が広いWICとなっています。
和室は格のある造り。
浮造り加工の杉板や一枚板の欅カウンターが使われています。

欅カウンターは時が経つと艶が増し、存在感を増す事でしょう。
足を下ろしてカウンターに向かうと窓から揺れる木々が見えるようになっています。
ここで本を読みたい。

WICの方も是非ご紹介したい。
廊下を挟んで奥に見えるのが和室。
幅を広く取ってます。
美しいなと。ギリシャ神殿の柱が浮かびました。
そんな・・と思うかもしれませんが、こちらのお宅は、そこかしこでアートな感じがしました。

そして、和室の先に控える広いリビング。
天井は標準より高く、間接照明が効果的に配されています。
沢山のこだわりポイントがあるのですが、何といっても壁面いっぱいのキッチンに目が吸い寄せられますね。

庭に向かっては軒が深く張り出し、アウトドアリビングとしてもご利用頂けるようになっています。
リビングから自然と目線が行くようになっているので一体感があり、更に広がりを感じます。
(見学会用のテーブルが置かれてますが、どうぞ、柔らかい革のL字型ソファーセットなどが置かれてるところをご想像くださいませ。)


キッチンは家具屋さんに依頼したフルオーダー。
アイランド部分にはドイツ製BOSCHの食洗機も。
すっきりとした、でも温かみもある、もはや作品と言ってもよい様なキッチンです。
キッチン奥はドライエリアやお風呂など。
家事動線、風通しも良くこちらも余裕の広さです。
プライベートな部分には全てスライドドアがセットされていますので、お客様がいらした時はすっきりとした印象になります。



今回のお宅は、全てがゆったりとしたアーティステックな家でした。
きっとお家時間を有意義に、最高の気分で過ごせる事かと。^^
お施主様には完成見学会へのご協力、感謝いたします。


資料請求・家づくりに関する疑問等、
お気軽にお問い合わせください。


【受付時間】09:00~17:00

 きゅあホームへの
お問い合わせはこちらから

公開中 イベント情報 モデルハウス見学 Zoomで問合せ