Blog

スタッフブログ

「木箱の家」完成見学会レポ

2021年12月22日

がふや9

こんにちは、ライターの画布屋です。
今回ご紹介する「R+HOUSE」ブランドの家には、「木箱の家」って名前がついてます。
木箱!!?家が!?
名前を聞いただけでワクワクしませんか。^^
担当された建築家さんは、遊び心のある設計をされる辻岡先生です。
お施主様も見たこともないプランを一目で気に入って下さったそうです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
「あ、木箱が付いてる。」
いきなり玄関横にあるじゃないですか。
ここ、内側から見るとどうなってるんでしょうね。
家自体、箱を重ねたような形だし。
期待が高まります。

さっそく玄関ドアを開けると、まずはこんな感じ。
ご家族様は奥から入ります。
収納もたっぷりですね。
手前の右手にリビングがあります。

リビングはど~んと開放的です。
キッチンの奥に階段がありますね。
それもあってスッキリ見えるのかも。

外から見た木箱部分に目をやると・・
お~!☆✩一段下がって座るんですかっ。
実際に座ってみると、側面のちょっとした壁と低い天井のお陰で別空間になってました。
しかも、窓からいい感じで外が見えるようになってます。
いいですね~^^
マグカップ持って、ここに腰を下ろしましょうか。
本とか集中して読めそうな気がします。

リビングが明るいのは、この窓のセレクトも大きいかと。
掃き出し窓もさることながら、はめ込みならではの大きな窓が効いてますね。

では、実は最初から目に入ってた大きな木箱の方に行ってみましょうか。^^

キッチン側から行ってみました。

かがまないと入れない狭い入り口の奥に、こんなに面白い空間が隠れていました!
名付けて「穴蔵」。なるほど!
もちろん辻岡先生の命名です。
使い勝手を考慮した高低差が世界を広げてくれてるように思います。

これは、交代制のお仕事をされているご主人様からの「仮眠を取ったり、ゆっくりと本が読めるスペースを」とのご要望に応えたもの。
上がってきた図面を見た時は、「こう来たかっ!w(*゚o゚*)w」って感じだったんじゃないでしょうか。
何といってもこの入り口の狭さがファンタステック!
くぐれば一瞬で秘密基地になったり、アリスの国への入り口になったり。
お子様の成長と共に、思いもよらない使い方が広がっていきそうです。

お庭は「GARDENS GARDEN」ブランドが担当。
今は植えたばかりだし冬場なので、写真ではうまくお伝えは出来ませんが、上手~く考えられた場所にセンスの良い木が植えられています。
こちらも先々が楽しみです。

今回はこの家を担当したコーディネーターと一緒に行きました。
壁紙の色、外壁の色、キッチンの色とそこかしこにお客様との思い出があり、目を細めていろんな話をしてくれました。
そういえば、以前、大工さんからも自分が建てた家の近くを通るとつい目がいくんだって話を聞きました。
関わった人たちは、それぞれにお客様の事を思いながら仕事をしています。
だからこそ、その家に思い入れがあるのだろうと思います。
年末にはお引越しだとか。
これから箱の中にたくさんの幸せが詰まっていく家、とっても魅力的でした。^^

お施主様、見学会へのご協力ありがとうございました。


資料請求・家づくりに関する疑問等、
お気軽にお問い合わせください。


【受付時間】09:00~17:00

 きゅあホームへの
お問い合わせはこちらから

公開中 イベント情報 モデルハウス見学 Zoomで問合せ