Blog

スタッフブログ

夕暮れ時の「R+モデルハウス」見学会。

2019年8月18日

がふや9

お暑うございます。
ライターの画布屋です。
驚きました。
セミの寿命は7日間ではなかったって事に!
1ヶ月以上生きた例もあるとか。
しかも、それを突き止めたのは、毎日毎日蝉捕りをした日本の高校生だと言うじゃないですか。
おばちゃんは、お小遣いをあげたい!
常識と思い込んでる事、意外とそうではないのかも。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
さて、今回は先日行なわれた初めての「R+モデルハウス」見学会のレポです。
普段は「R+」って呼んだりしますが、正式には「R+house」と言うきゅあホームの新しいブランドのモデルハウスです。
コンセプトは「建築家と建てる家」。
お客様方の色々な要望に漏れなくお答えすべく増やされた新ブランドですが、もうすでにご契約も頂いてて、建築も始まってます。
近々、それらもご紹介していけると思います。
詳しくはブランド紹介の方でご覧頂く事にして、早速見学会の話を進めましょう。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
デザイナーズハウスって何が違うんでしょうね。
詳しい仕様なんかは今後追々ご紹介するとして、今回はさわりだけ、デザイナーズハウスらしい一面をご紹介します。
玄関脇にちょっと手を洗ったりの場所が欲しかったりしますか?
建築家さんはこれをセレクトしました。

散歩から帰ったワンちゃんの足もちょちょっと洗ったりして。
お庭でハーブ摘みをした子どもをひょいと抱えて手を洗わせてるパパの姿も浮かびます。
パパはきっとくるぶし丈のパンツだな。うん。
(担当されたお洒落な建築家さんがそうだったせいかもしれないイメージ)

ここは窓の外の風景も独り占め。
建築家さんはこれを勧めました。

2階にバスルーム。
裸でやっほ~!やっちゃってください。^^
まぁ、こんな風ですよ。
そこかしこに、ただもんじゃない感じがビシバシしてます。^^

初めての見学会は夕暮れ時に始まりました。
外が暗くなるに従い、胸がきゅ~んてする様な空間になっていきました。


お客様も続々といらっしゃいました。
郊外にあるフレンチレストランみたい。

普通の見学会は外構まで仕上がってなくて、ちょっと残念なんです。
だけどモデルルームならでは、外構の絶大なる効果も充分に見ていただけます。
これまた洒落てるんですよ~。おっと、その話はまた追々。^^
暗くなった頃、設計の濱口氏がそっと外に出て、ライトの向きを微調整してました。

いちいちため息もののインテリアも彼女が担当したとか。
超多忙なはずなのに・・いったい何者なのか・・・?すごすぎる。
スタッフはみんなそうなんですが、彼女もすっごく親しみやすくて大好き。^^
でありながら、内側に計り知れない力を感じる設計女子です。

家はもちろん、外構だけでも、インテリアだけでも、見応えのあるモデルハウスになっています。
何度でも、その都度気になる部分だけでも見ていただく価値があると思います。^^

次回は、今週末に行なわれる「きゅあ倶楽部・女子会」のレポです。
このモデルハウスで、庭のハーブ摘みをしたり、ハーブティを作ったりです。
その時にまた、モデルハウスも併せて見て頂けると思います。^^


資料請求・家づくりに関する疑問等、
お気軽にお問い合わせください。


【受付時間】09:00~17:00

 きゅあホームへの
お問い合わせはこちらから

公開中 イベント情報 モデルハウス見学