Blog

スタッフブログ

宗像市江口「R+HOUSE」完成見学会レポ

2021年12月5日

がふや9

こんにちは、ライターの画布屋です。
今回ご紹介の「R+HOUSE」ブランドの家は、ちょっと特殊な場所に建っていました。
世界遺産の特別景観地区で、建築物には条件があったそうです。
例えば、屋根の形(切妻)とか、色とか。
だけど「R+HOUSE」の建築家さんは、制約があればあるほど逆に燃えるんじゃないかな、と思ったりします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
K様のお宅は玄関を開けると正面がご家族様の入り口、左手(写真右手)がお客様の入口になります。
靴を脱いだらまず手を洗って。
やはり最近はこのパターンが多いように思います。
タイルが貼られると手造り感もあるし温かみもありますね。

ホール左手がリビング。
小上がり畳スペースがリビングの顔じゃないでしょうか。
ここにお気に入りの本がずらっと並びます。
畳は和紙畳を採用しています。
耐久性・撥水性があり、虫の心配もないのでこういった場所にピッタリです。
腰掛けたり、寝っ転がったり、時を忘れてしまいそうです。^^

みなさん家で過ごすのが大好きなんだそうです。
こちらはイメージ図ですが、思い思いに過ごせそうなリビングですね。
イラスト左側の窓の上に小さなエアコンがあります。
基本、この一台で家じゅうをカバーします。

こちらのお宅で一番面白いなぁと思ったのは、この間取り。
個室が並ぶ通路部分を全てオープンの収納にしているところです。
普通、各個室にある収納を外に出してる感じです。
何がどこにあるか一目瞭然。
去年買ったのすっかり忘れて似たようなものをまた買っちゃったなんて事なくなりそう。
風通しは良いし洗濯物をしまうのは簡単だし。
家族はお風呂に行く時、出かける時等々、通路を通る間に準備が出来るというわけです。
端までの一本線、潔いです。

他にも将来に向けて工夫がたくさん。
こちらは、ご主人様のトレーニングルームとして使われる部屋。
こんなに広い趣味のお部屋がもてるなんて!憧れる方も多いかと。

実は、この部屋は先々2つの個室に分割出来るようになってます。
端から趣味の部屋をとなると優先順位は下がってしまうけど、先々は子供部屋になんて話なら叶うかもですよね。
建築家さんの力で、あきらめかけてた夢を叶えられることも多々あるように思います。


お施主様、見学会へのご協力ありがとうございました。


資料請求・家づくりに関する疑問等、
お気軽にお問い合わせください。


【受付時間】09:00~17:00

 きゅあホームへの
お問い合わせはこちらから

公開中 イベント情報 モデルハウス見学 Zoomで問合せ